偏見!漫画ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏見!漫画ブログ

漫画喫茶、レンタルコミック 何読もうかな?をサポート あと雑記!

【感想】ホーリーランドを読んでみました。【漫画ネタバレなし】

どうも、サイクロです。

 

f:id:cyclotron1981:20160922225142j:plain

この前ホーリーランドを読みましたので、感想。

ホーリーランド森恒二によるストリートファイトを題材とした格闘マンガ。ヤングアニマルにて2000年から2008年まで連載。全18巻、全182話の作品。

前々から漫画喫茶に行った時に気になっていたんですよね。いつも手にとっては読まずにを繰り返していました。取っ付きにくい要因は多分1巻の表紙とタイトルでしょう。前知識のない状態では、あの鬱々とした表情とタイトルのまどろっこしさが障害となるような気がします。私が読もうと思ったのも格闘マンガと知ってからの事です。

 

格闘技というのは自分では絶対やってみたいとは思わないのですが、格闘マンガを見た時は例外ですよね。何か無性に修行をしてみたくなりますよね。

中学時代までいじめられっ子だった主人公、神代ユウが自室でボクシングのワンツーを反復して会得する。そして自分の居場所を夜の街に求め彷徨い、不良どもを撃退していく内に不良狩りと恐れられるようになる。

面白いです。スラスラと次の巻へ手が伸びます。

 

特に私が気に入った所は、友情と苦悩です。男同士の友情が好きなんですよね。シンとショウゴとの崩れない熱い思いが見所です。この友情と絡めた苦悩・成長は感動的で泣けます。

そして、作者は格闘技を熟知しているのでしょう。主人公の技を段階的に効果的に徐々に増やしていき、格闘家としての成長をうまく促して完成させていきます。この辺りは他の格闘マンガより実践的でリアルだと思いました。

f:id:cyclotron1981:20160922234527j:plain

最後に主人公の表情がとても合っていました。あの鬱々とした1巻の表紙は、主人公の鬱々としたものをよく反映していると思いました。(自殺島を見る限りわざとでなくそういう味の顔を描く作者でしょうが)途中、暴走していくシーン、危機迫るシーンではすごく狂気感がにじみ出て迫力がありました。なので、主人公の成長と共に少し精気のある顔へと描き分けてくれたら最高でした。

 

ネガティブな意見としては、ホーリーランドという言葉に囚われすぎているのではないかと思いました。まずタイトルが一見では格闘マンガとは分かりにくく、かなり損をしている。それならば現在の「自殺島」の方が分かりやすくセンスが良い。ホーリーランドというワードはファンタジーを想像してしまい、ホーリーランドというタイトルによって主人公が街にこだわりすぎたような気がします。 元々、ストリートファイトをテーマに描いているのだろうが、主人公の街へと繰り出す動機が弱い。つまり、家庭環境の苦悩ももっと描いてほしかったです。

と批判も書いてみましたが、全体的には勢い良く全巻読破しましたし、すごく良作品だと思います。

 

ストーリー  :  A
キャラクター  :  B
絵のうまさ  :  A
ストリートファイトしてみたくなる度  :  S
オススメ度  :  A
 

皆さんの意見はどうでしょうか?

コメントよろしくお願いします。

 

失礼します。